Home » contents » 祥瑞【しょんずい】の器

祥瑞【しょんずい】の器

祥瑞-古来染付磁器の最上

 

中国の明末・清初,崇禎年間(1628‐44)を中心に景徳鎮民窯で,日本茶人たちの好みを反映して作られた緻密な絵付磁器です。

一部の作品に〈五郎大甫 呉祥瑞造〉の染付銘があるところからこれと同様の作風をもつ作品にこの【祥瑞】という名称がつけられるようになりました。

厳選された土を用い,鮮烈な藍色に発色する青顔料【呉須】で絵柄が器全体に描かれているのが特徴です。

古来染付磁器の最上とされています。

 

湯呑 内山水祥瑞 小 【瑞昭】 京焼清水焼湯呑 内山水祥瑞 中 【瑞昭】 京焼清水焼湯呑 内山水祥瑞 大 【瑞昭】 京焼清水焼切高台茶碗 内山水祥瑞 小 【瑞昭】 京焼清水焼切高台茶碗 内山水祥瑞 中 【瑞昭】 京焼清水焼切高台茶碗 内山水祥瑞 大 【瑞昭】 京焼清水焼マグカップ 赤祥瑞 【陶遊】 京焼清水焼マグカップ 青祥瑞 【陶遊】 京焼清水焼組湯呑 祥瑞色花唐津 【京泉】 京焼清水焼組湯呑 祥瑞山水 【陶遊】 京焼清水焼組湯呑 花鳥祥瑞 【陵泉】 京焼清水焼組湯呑 染赤祥瑞山水 【京泉】 京焼清水焼組飯碗 青濃祥瑞 【京泉】 京焼清水焼組飯碗 磁彩祥瑞 【京泉】 京焼清水焼組飯碗 花鳥祥瑞 【陵泉】 京焼清水焼組飯碗 祥瑞山水 【陶遊】 京焼清水焼組飯碗 染赤祥瑞 【京泉】 京焼清水焼組飯碗 磁彩祥瑞 【賀峰】 京焼清水焼蓋付組湯呑 間取祥瑞 【陶遊】 京焼清水焼蓋付組飯碗 間取祥瑞 【陶遊】 京焼清水焼