Home » 3:やきもの情報 » 用語集 » 【さ行】 » 用語集-祥瑞【しょんずい】

用語集-祥瑞【しょんずい】

祥瑞【しょんずい】組飯碗 青濃祥瑞 【京泉】 京焼清水焼  2

中国の明末・清初,崇禎年間(1628‐44)を中心に景徳鎮民窯で,日本茶人たちの好みを反映して作られた緻密な絵付磁器です。

一部の作品に〈五郎大甫 呉祥瑞造〉の染付銘があるところからこれと同様の作風をもつ作品にこの【祥瑞】という名称がつけられるようになりました。

厳選された土を用い,鮮烈な藍色に発色する青顔料【呉須】で絵柄が器全体に描かれているのが特徴です。

古来染付磁器の最上とされています。