酒器の形と名称


酒器の形と名称 

酒器の形と名称を紹介していきます。

徳利【とっくり】-名称

上から

【口】 【首】 【肩】 【胴】 【腰】

 

 

酒器の形

 

蕪【かぶら】形

下部が大きく張り蕪に似た形。舟中で倒れないので舟徳利とも。

 

芋徳利【いもとっくり】形

芋のような姿に見える、やや胴部の膨らんだ形。古備前に多い。

 

肩衝【かたつき】形

形の部分が角張ったり衝き出している形状。茶入の形の一種。

 

水注【みずつき】形

鎌倉時代の鉄釉水注に倣った形と思われる。注口だけの面白い形。

 

杯の形と特徴

 

筒形【つつがた】杯

深い円筒状の杯。冬でも酒が冷めにくいので好まれる。

 

六角【ろっかく】杯

六面体は酒器としては呑みやすい形。六角形の器種は多い。

 

馬上【ばじょう】杯

脚部を握れるほどに高くした酒杯。馬上で飲むのにいいという説。

 

ぐい呑み

やや大振りで深めの酒器。ぐいと一気に呑むことからの俗称。