Home » 2000 » 8月

【俊山】俊山窯・森俊山のご紹介

 

【俊山】俊山窯・森俊山のご紹介

【俊山】森俊山

窯元-俊山窯

 

【略歴】

初代森一俊

大正06年 九谷焼で習得した技法で京都に窯をおこす。

 

二代森典弘

昭和21年 京焼・清水焼展・青陶会作陶展に出品し、知事賞・市長賞等を受賞する。

昭和58年 伝統工芸士に認定される。

現在、泉涌寺地区の協同組合の理事長・全国陶磁器意匠保護協議会審査員を務める。

 

三代森俊次

昭和32年 京都府に生まれる

昭和52年 京都府陶工訓練校修了

昭和53年 京都市立工業試験場陶磁器修了

昭和55年 京展入選(以降毎回入選)

昭和55年 日本新工芸展入選(以降毎回入選)

昭和56年 日本陶芸展入選

昭和56年 日展入選(以降8回入選)

昭和58年 全関西展第三席受賞 (以降4回受賞)

昭和60年 京都府画廊選抜展知事賞受賞

昭和61年 京展美術懇話会賞受賞(以降3回受賞)

昭和61年 日本新工芸展新工芸賞受賞

平成元年 八木一夫現代陶芸展入選

平成2年 美濃国際陶磁器フェスティバル入選

平成3年 京都府工美展優秀賞受賞

平成9年 日工会展日工会会員賞受賞

 

 

 

【俊山】俊山窯・森俊山の作品ページはこちら

 

 

【洸春】洸春窯・高島洸春のご紹介

 

 

【洸春】高島洸春

窯元-洸春窯

京焼清水焼【洸春】洸春窯・高島洸春のご紹介

平成11年 父である二代目高島洸春に師事。

平成11年 京都にて個展

平成11年 京焼・清水焼展にて入賞

平成12年 交趾・三彩展

平成13年 第二回現代の陶芸展 出展

平成15年 新進作家展 出展

平成17年 三代目洸春を襲名

平成19年 京焼・清水焼展にて入賞

平成20年 京都美術工芸ビエンナーレ 入選

 

 

 

【洸春】洸春窯・高島洸春の作品ぺーじはこちら

 

 

 

鈴木 智尋氏のご紹介

 

 

【鈴木 智尋】

窯元-鈴木智尋

鈴木 智尋氏のご紹介

【略歴】

昭和50年 香川県に生れる

平成9年 タブララサ展 四条ギャラリー(京都)

平成10年 朝日陶芸展入選

平成11年 嵯峨美術短期大学専攻科三次元表現コース卒業
平成11年 村田森氏に師事する

平成13年 京都嵯峨にて開窯

 

 

 

鈴木 智尋氏の作品ページはこちら

 

 

【芳山】芳山窯・加藤芳山のご紹介

 

 

加藤 芳山 (吉継)

窯元-芳山窯

【芳山】芳山窯・加藤芳山のご紹介

【略歴】

昭和28年 京都に生まれる

昭和46年 京都私立伏見工業高校窯業科卒業

昭和48年 京都府立陶工訓練校成形科にてロクロ成形を習得

昭和49年 京都府立陶工訓練校専攻科にて技術を磨く

昭和50年 家業「芳山窯」にて仕事に就く

平成13年 京都陶磁器協同組合連合会主催「京焼・清水焼見本市」にて審査委員長賞受賞
現在、主に磁器での染付・色絵の技法を用いた和食器等の製作で活躍している。

 

 

 

【芳山】芳山窯・加藤芳山の作品はこちら

 

【陵泉】陵泉窯・深見陵泉のご紹介

 

 

深見陵泉(ふかみりょうせん)

窯元-陵泉窯

 

京焼・清水焼伝統工芸士深見陵泉(ふかみりょうせん)陵泉窯の紹介

先代の父のもとで、修行を重ね陶磁器製造に従事

2代目を継承、磁器を主とし、特に染付や青白瓷の作品を得意とする。

 

【略歴】

平成5年 京焼・清水焼の伝統工芸士認定

平成9年 京都府伝統産業優秀技術者表彰

平成16年京都市伝統産業技術功労賞受賞

 

 

【陵泉】陵泉窯・深見陵泉の作品はこちら

 

 

 

【一陶】平安一陶・春田一陶のご紹介

【一陶】平安一陶・春田一陶のご紹介

【一陶】平安一陶・春田一陶のご紹介

平安一陶・春田一陶

 

 

京都東山泉涌寺の地で先代からの作風を継承し染付の磁器を作陶する。

主に濃みを得意としている。

 

 

【略歴】

1964 京都市生まれ

1986 清水焼窯元、父初代助田博峰の元で修業を始める

1993 二代目助田博峰を継承

2002 京焼・清水焼伝統工芸士に認定

 

 

【一陶】平安一陶・春田一陶のご紹介の作品はこちら