Home » 新着情報 » 2012年10月17日 【特集】 梅の器

2012年10月17日 【特集】 梅の器

【特集】梅の器

「梅」は厳冬に咲く事から、激しい状況でも笑顔を絶やさない人、高潔と上品を 表します。

また梅の実は、やがて落ちて芽を出す事から、 生命のしるしとされています。

奈良時代から祝儀や縁起物の一つとして、また画題や祝い事の飾りなどにも用いられてきました。

他にも、 高潔な美しさを君子にたとえた「四君子(しくんし)」(梅・菊・蘭・竹)

清楚な美しさの画材とされる「三清(さんせい)」(梅・竹・水仙)・・・

などの呼称を持ちます。

 

箸置 縁起物 月型箸置 2月梅 【芳山窯】 絵付師【若葉】芳山 作湯呑 菊割渦梅 青 【西川】 京焼清水焼西川 作湯呑 菊割渦梅 赤 【西川】 京焼清水焼西川 作飯碗 菊割渦梅 青 【賀峰】 京焼清水焼賀峰 作飯碗 菊割渦梅 赤 【賀峰】 京焼清水焼賀峰 作ミニマグ 練込梅 【景春】 京焼清水焼景春 作マグカップ 梅 白 【玉凰】 京焼清水焼玉凰 作マグカップ 梅 赤 【玉凰】 京焼清水焼玉凰 作マグカップ 梅 紅白 【玉凰】 京焼清水焼玉凰 作マグカップ (太) 梅 【景春】 京焼清水焼景春 作マグカップ 色絵梅詰 【昭阿弥】 京焼清水焼昭阿弥 作組湯呑 瓢箪松竹梅 京焼清水焼芥子組湯呑 丸紋松竹梅 【賀峰】 京焼清水焼賀峰 作組飯碗 瓢箪松竹梅 【芥子】 京焼清水焼芥子組飯碗 一閑人丸紋松竹梅 【秀峰】 京焼清水焼秀峰 作フリーカップ イラボ彫 梅 【朝陽】 京焼清水焼朝陽 作